薬剤師には年収1000万円を狙える求人があるのか

Posted on

一般的には年収が高い水準にあると言われている薬剤師ですが、夢見る人が多い年収1000万円以上を目指せるような仕事はあるのでしょうか。薬剤師の典型的な職場での実態を紹介した上で、どのような求人を選んで就職や転職をすれば1000万円を狙える可能性があるのかを考察していきます。

年収にこだわりがある人は仕事探しの参考にして下さい。

「薬剤師の正社員の求人にはどんな種類がある?内定を貰うためのコツは?」

調剤薬局で年収1000万円は可能か

薬剤師の職場として最も一般的なのは調剤薬局ですが、調剤薬局では年収1000万円は実現できるのでしょうか。結論から言えば定年退職までに年収1000万円に到達できる可能性はかなり低くなっています。求人を見てみても年収400万円~800万円くらいで募集されているものが多いでしょう。

他の職種に比べると高い水準になっているのは確かですが、年収1000万円という求人を見かけることはありません。

これは採用時の給料であって、その後に大きな昇給があれば年収1000万円になれるのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、調剤薬局ではフラットな組織になっていて、調剤薬局の局長や店長と言われる管理職が一人いるだけで管理薬剤師も兼任していることが多くなっています。

そのポジションを手に入れたとしても800万円クラスの年収というのが一般的なので、調剤薬局では年収1000万円は難しいのです。可能性があるとすればダブルワークで稼ぐ方法です。

調剤薬局で週5日、管理薬剤師などとして働き、さらにアルバイトで週1日働いて稼いでいけば年収1000万円になるかもしれません。ただ、労働基準法違反にならないように気を付けながら働くことや、副業が許されている職場を選ぶことが必要になるので大変なのは確かでしょう。

病院で年収1000万円以上になれるのか

病院も薬剤師が活躍している職場ですが、年収1000万円はかなり難しいことが知られています。平均年収でも調剤薬局などに比べて低いことが統計的に示されていて、年収よりも仕事のやりがいを重視したい人に向いていると言われているのが病院薬剤師です。

病院の求人では350万円~600万円程度の年収を提示していることが多く、そこから昇給を受けていってもなかなか年収1000万円に到達することがないのは明らかでしょう。

昇進の機会が少ないフラットな組織なのも病院と調剤薬局では共通する点で、昇進できたとすると薬剤師長になります。薬剤師長でも年収は700万円~800万円が一般的です。唯一可能性があるとすれば副院長クラスまで昇進できたケースが挙げられます。

大きめの病院では医師以外が副院長になった場合にも年収1000万円以上になっていることがあるからです。ただ、医師が副院長になるケースがほとんどなのでかなり難しい道でしょう。

ドラッグストアでは年収1000万円に到達できるのか

薬剤師の間では稼ぎやすい職場としても知られているのがドラッグストアです。調剤薬局、病院、ドラッグストアの三つの中で最も平均年収が高いことが知られています。薬剤師に資格手当がある点では他の職場と同じですが、さらに現場によっては休日出勤手当や時間外手当、夜勤手当などが付く場合があるからです。

調剤薬局や病院と違って営利目的の組織が運営しているという点でも、売り上げに貢献する人材なら高い給料を出すという仕組みがあるのも想像できるでしょう。その影響で基本給も高めになっているので稼ぎやすい職場です。

ただ、ドラッグストアでも年収1000万円に到達するのはかなり難しくなっています。やはりドラッグストアの店舗内の人材を見るとフラットで、昇進する先が店長しかありません。ドラッグストアの求人では400万円~700万円の年収が相場で、ここから昇進をしてもせいぜい800万円少々でしょう。

平均的には年収が高いものの、上限について見てみるとドラッグストアは調剤薬局とそれほど違わないのです。しかし、ドラッグストアの場合にはエリアマネージャーなどのように店舗の中だけでなく、本社組織に移って昇進できる可能性があります。

店長として大きな売り上げを出して表彰されるくらいの成果は必要ですが、エリアマネージャークラスになると年収1000万円に届くこともあります。

企業で年収1000万円は超えることが可能か

薬剤師の中には企業で働いている人もいますが、一般企業というイメージを持つと年収1000万円は困難だろうと思う人も多いでしょう。ただ、企業では繰り返し昇進する機会がある階層構造がはっきりとした組織ができていることが多く、大手企業で部長クラスまで昇進できれば年収1000万円に到達できることがよくあります。

薬剤師が活躍している代表的な職場は製薬企業で、大手が大半を占めていて年収の水準も高いことから課長クラスでも年収1000万円に到達することがあるというのが実態です。ただ、求人が少なくて中途採用では研究職などの専門職でないと入社するのが難しいでしょう。

新卒の段階で製薬企業を選んでおくのが合理的な方法です。化粧品会社や食品会社などでも大手で昇進をすれば年収1000万円を目指せます。ただ、やはり専門職の採用が多いので開発職や研究職の経験を求められるのが一般的です。

経験がなくても転職先として選びやすい企業として物流系が知られています。しかし、物流会社などでは製薬企業や化粧品会社に比べると給与水準が低めなので部長クラスでも年収1000万円には届かないことが多いので注意しましょう。

他に薬剤師が年収1000万円を目指す道はあるのか

他にも薬剤師が資格を生かして働いている職場はありますが、あまり年収の水準が高い求人はないのが実態です。薬剤師の職能を生かせるからこそ高く評価されて年収が上がる仕組みになっているので、医療や医薬品に関わる仕事でないと高い年収にはなりにくいのです。

メディカルライターなどのように薬剤師が重宝されるようになってきた仕事もありますが、年収1000万円を目指すにはフリーライターとして副業もしないと困難でしょう。ただ、ニーズのある仕事は取り組み方次第ではかなり稼げるようになる可能性があるので、求人を確認してどの程度までなら年収を上げられそうかを確認してみるのが大切です。

道のりの険しさを考慮して求人を探そう

薬剤師は年収が高いことが知られているものの、多くの職場では昇進の機会があまりないので年収1000万円に到達するのは困難です。製薬企業で出世するのが最も可能性が高い道で、新卒の就職の時点で求人を探すのが合理的でしょう。

専門職であれば中途採用も活発に行われているので、年収にこだわるなら経験を積んで製薬企業を目指しましょう。